2011年10月22日


iPhoneアプリを作ったので紹介します。
Developer登録をして3年、初めて自分名義でアプリを登録しました。




時間管理アプリ Yomo :
ある行動の始めた時間と終わった時間を記録するアプリ。
タイムロガーとか呼ばれていて、AppStoreにもすでに似たようなものがいくつかあります。



モチベーションを保つには記録するのがいい :
これ、時間に限った話ではないんですが、何かを続けようと思う時、その努力を記録すると楽に続けられることがあります。

僕はコードを書いて保存する時、自動でその時点の行数 その日書いた行数をSQLiteに保存しつつGrowlに投げるようにしています。
これを元に行数の変化のグラフを都度 画像として出力して、GeekToolでデスクトップに表示させる。
こんな簡単な仕組みで、やる気がでるんです。他の人はどうか知りませんが。

BlogPaint


実際に出力したものはこんな感じ。総行数の推移なので当然のように右肩上がりです。それがいい。




で、時間管理 :
こんなふうに、やる気を出すために記録するように作られた時間管理アプリがAppStoreにはありませんでした。
必要なポイントは2つだけ。
- 簡単に記録できる
- 触ってニヤニヤできる
特に後者、数字ばかり並べられても数字オタクではないので全然ニヤニヤできないんですね。自分の時間を分析したい人向けに作られてる。
もっと、かっこいいグラフでヒュンッヒュンッっと確認したいわけです。それでやる気を出したい。



なので作りました :
簡単に記録できて、Mapアプリのような操作性のグラフ、そんな感じタイムロガーを作りました。

ja_graph_controll

現在時刻の記録はもちろん、5分前から開始したことにしたいとか、10分前に終わっていたとか、そういう微調整も簡単。

ja_graph

グラフは文句なしにさっくさく。「前の月へ」ボタンとかありません。スライドさせるだけですべての記録を確認できます。

Picture 41

拡大で詳細情報。これは合計時間の推移のグラフを表示させているところです。

ja_color

カラーの設定とか。

ja_select_4_cropped

あとは、アイコンバッジとか、記録の削除とか、経過時間の表示とか、必要そうな機能は一通り実装したつもりです。
まだまだ細かい改善点はたくさんあるのでよければフィードバック下さい。

しかも無料 :
(OpenGLとの相性の関係で)広告も控えめ。



Webサイト
Yomoをダウンロード(App Store)
よろしくお願いします。

hayashi311 at 09:30コメント(6)トラックバック(0) 

2009年07月15日

MacBookの液晶は青みがかってて、これはこれで締まりのある白に見えるのだけど、紙に印刷したり、作った画像をWinで見たりすると、思った通りの色が出なくて悶絶します。

店頭に並んでいる時は、寒色(青色)系で新品感を醸し出した方が売れやすいんですかね。
寒色→暖色にすると、液晶が黄色くなった!安物か!って騒がれるので、なかなか変更しにくいのかもしれません。

とはいえ、iPhoneの液晶は世代を重ねるごとに設定が暖色寄りになっているので、Macも変更できないということはないはずなんですけどね。

そんなわけで、MacBookの液晶は微妙なので、デザイナーとかそっち系の方々は専用の機材を揃えてモニタからプリンタまで色を揃えるらしいんですが、僕はデザイナーではありません。デザイナーではないんだけども、もう少しまともな色を表示させたい。


そんな、お金をかけたくない人のためにディスプレイキャリブレータ・アシスタント(システム環境設定 → ディスプレイ → カラー → 補正)が用意されています。
これ、目視で色を調整するためのツールなんですが、そもそも目視で色を調整するのが一般人には難しい上、Appleお得意の直感的(笑)なUIのために、びっくりするほど役に立たちません。

結局、目視での調整はあきらめて、Spyder3PROで設定したUnibody MacBook用のiccファイルを見つけてきて、Library -> ColorSync -> Profilesに配置、環境設定から選択したらたいぶよくなりました。

個体差があるので完璧ではないはずですが、人が作った設定を使い回せるのはMacの強みですね。


簡単に戻せるので、一度試してみるといいと思いますよ。

hayashi311 at 07:56コメント(1)トラックバック(0) 

2009年04月02日

 Appleがなんか調子にのっているみたいですけど、さすがにこれだけアプリが開発されれば一人勝ちを確信して調子にのりたくもなるよなーという感じ


 開発者が一番優遇されるのはプラットフォームの立ち上げ期か、プラットフォーム間で競争をしている時だと思うので、iPhoneに偏りすぎるのはよくないなぁと思いますよ。大企業同士が赤字を垂れ流しながらユーザーと開発者を奪い合う、なんていうのが開発者的においしいんじゃないですかね。だから、みんなもっと浮気しようよっていう。


 さて、みんな大好きPalm webOSの開発者登録が始まっていますね。

Introducing the Palm Mojo SDK early access program.

 iPhone開発者なら実感してると思うんですが、どうせ日本の市場は小さいので、Palmが日本で発売されるかどうかなんて気にしなくていいですよ。Palmのアプリの開発も結局、英語圏を狙った方が効率いいよねって話になるんじゃないですか。

 そんなわけで、開発者はいますぐXcodeを閉じて、Palm webOSに浮気してみようよっていうお話。




 それにしてもWebKitはすごい勢いですね。Palm webOS、iPhoneWebアプリ、AndroidWebアプリ、Adobe Air、あたりはまとめて開発しやすそうなのでWebサービスをそれぞれのプラットフォームに対応させる時は、とりあえずWebKit for mobileでしょっていう時代が近いような予感がムンムンです。

hayashi311 at 12:52コメント(1)トラックバック(0) 

2009年03月16日

 馬鹿なことをやらかしてOSを再インストールする羽目になり、買ったばかりの時はMacのことなどよく分からず、ただJobsの思うがままにされていましたが、だいぶMacのことが分かってきてちょうどいいタイミングなのでまた一から自分の思い通りに設定などをやりなおしてみようと思ったわけです。

 僕の場合、基本的にデータはすべてネットにアップしているのでMacは(iPhoneもですが)ネットにアクセスして作業するだけの端末です。ローカルにデータを溜め込んだりとかしないので、安定性<軽量化の方向で弄ってます。お決まりですが以下自己責任で。



いらないファイルは削る



ピクチャ 2

Macにも不要なファイルやアプリがたくさん入ってます。とにかくこれを削る。

・いろいろ削る

Mac OS Xの不要ファイルを削除して空き領域を増やすには (1)

Mac OS Xの不要ファイルを削除して空き領域を増やすには (2)

ここらへんを見ながらプリンタドライバとかフォントとかを削る。

・音声ファイルも削る
sayとかユニバーサルアクセスとか必要ないので600Mbもある/システム/ライブラリ/Speechも削った。さよならアレックス


・デフォルトのアプリも削る
AppCleanerを使ってiなんたら系はほとんどアンインストール。ダッシュボードのウィジェットも削除できるので全部削除。


・GrandPerspective
GrandPerspectiveを使うと大きいファイルが一目で分かる。便利。たまに開くと、存在を忘れていた巨大ファイルとか出てきたり。

・Dock・ダッシュボード
 OnyXを使ってDockをシンプルにしたり、ダッシュボードを使用不可にしたりなどする。



設定とか


ピクチャ 3

・システム環境設定

キーボードとマウス>キーボード>すべてのキーを標準の〜
F7とかF10とかを使うならチェック。軽量化関係ない。

キーボードとマウス>キーボード>キーボードショートカット>フルキーボードアクセス
すべてのコントロールにチェックするとダイアログのボタンをtabで選択スペースで決定できる。軽量化関係ない。

アカウント>ログイン項目
起動時に立ち上げるアプリの整理。必要なものだけに絞り込む。

日付と時刻>日付と時刻
自動的に設定のチェックを外す

使わないならユニバーサルアクセス、Bluetooth、スピーチ、インターネット共有あたりの機能を切る。


・QuartzGLをON

隠し機能QuartzGLをONにしてMacの動作を軽くする


体感できるレベルで動作が軽くなる。超キビキビ。不具合もあるという話。


・スワップファイルを作らせない

Mac OS X Leopard - dynamic_pager を骨抜きに


スワップファイルを作らせない。


・最後に
一通り終わった後に、おもむろにOnyXでメンテナンスを実行して終了。


おまけ -アプリケーション



firefox(Mac最適化版)  -firefoxをダウンロードすることがsafari唯一の仕事。アドオンはFirebug、ブックマーク同期のFoxmarks、リンクの張られていないURLでもクリックで飛べるテキストリンクの3つだけ。
 ボタンがあると思わずクリックしてしまうので、ボタンの類は全部取っ払って、ショートカットを使わざるをえないようにする。

ピクチャ 1

完璧


Scalaris  -シンプルを極めたTwitterクライアント。control+↑でPost、通知はGrowlだけ。数あるTwitterクライアントの中でダントツで省メモリ[要出典]


PathFinder  -MacのFinderはあまりにも残念クオリティでWindows標準のExplorerのさらに下を行くレベルですが、PathFinderがあるおかげでMacを使いながらも心の平静を保てるよねっていうタブ式ファイラー。有料。
 ユーザ名/ライブラリ/Preferences/com.apple.loginwindow.plistのFinder.appをPath Finder.appに変更するとOS起動時にFinderが起動せず、代わりにPath Finderが起動するけど、自己責任で。

後はGrowlとかDropboxとかSkypeとかXcodeとかAdobe系とかgyazoとか適当に。



おわり

hayashi311 at 07:15コメント(1)トラックバック(0) 

2009年03月04日

ピクチャ 1

iPhone/iPod touch Backup ExtractorはiPhoneのアプリのバックアップをFinderで見れる形式に戻すアプリです。

iPhone/iPod touch Backup Extractor


ユーザ名/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/ にiPhoneのバックアップがあるんですが、この中身を確認したいなーと思うことってよくありますよね。

iPhoneアプリの開発中とか、旦那さんが画像を隠すアプリを使ってるとか、iPhoneのアプリでダウンロードしたコンテンツをMacで開きたいとか。


画像を隠せるアプリも、母艦のMacからはパスワードなしでダダ漏れです!隠しているだけに余計怪しまれますね!

音楽ゲームのTapTapRevengeでダウンロードした音楽なんかもこれで聴き放題なんですが大丈夫なんですかねー。


アプリを開発する時は、Documentフォルダ以下がすべて外から見えてしまうということを忘れないようにしたいところですね。

hayashi311 at 21:41コメント(0)トラックバック(0) 
Twitter
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ