2009年02月05日

 話題になっていますが、App Sotreで配布されているアプリのプロテクトを解除する”Crackulous”というアプリが登場したとのこと。


 ベータ公開のはじまった"Crackulous"は、App Storeで購入した正規のアプリケーションのインストール制限を解除し、ほかの iPhone / iPod touchへのインストールを可能にするとうたうソフトウェア。つまり一人のユーザーが正規購入してクラックすれば、App Storeで販売中のアプリケーションが対価なしで配布できてしまうことになります。
App Storeアプリのインストール制限を解除するCrackulous v.9 - Engadget Japanese


 現れるべくして現れたというか、そういえばまだなかったねという感じのアプリですねー。

 今、JailBreakをしている人がどれだけいるのか分からないので実際にAppStoreに影響を与えるかどうかは微妙ですが、僕も含めAppleに守られていた開発者にはインパクトを与えたアプリなんじゃないでしょうか。(*1)

対岸の火事だと思ってたら足下が焦げてた


 音楽も動画も消しても消しても動画共有サイトにアップされてしまう時代に、音楽や映画・アニメなんかのコンテンツ産業はイタチごっこの削除をするのではなくて、逆に今の状況をうまく利用するべきだよなぁとか思っていたのですが、気がつけばiPhoneアプリ開発者も同じ立場に立っていました。

 生活が脅かされるというような状況ではないので、有料のものが自分の手の届かないところで無料で流通してしまうということについて考えるいい機会だなぁと思います。

Crackulousはうまく利用したい


 UEIの"BullCam"とかみたいに画像共有サイトやTwitterなんかにアップロードする機能をつけておけば、アプリ自身の宣伝になって認知度も高まりますよね。
 例えばこれを、投稿先をアメリカのサイトに設定して、向こうでの認知度を高める仕組みを内包させれば、むしろCrackulousを使ってでもアプリを利用してもらいたい、なんて状況が生まれるんじゃないでしょうか。

 あとは自らP2Pに放流して話題作りとか海外のミュージシャンがたまにやってますけど、自らCrackulousで破ったアプリを公開して、気に入ったら買ってね!!とか言っておけば、無名の開発者でもiPhone系のブログが拾ってくれるというおいしい状況が一時的にできているので、これを利用しない手はないですね。責任はとれませんけど。


 とは言っても、お金を払ってくれるユーザーが一番大事なので(*2)、そこらへんのバランスが難しいですね。うーん。


 あんまり考えがまとまっていないんですが、お金を払ってくれるユーザーを大事にしながらも、不可抗力ならCrackulousをうまく利用すべきだよね、というのが今のところの僕の考えです。

他の開発者の意見も聞きたい


 一瞬、わざわざブログに書いて宣伝することもないなぁと迷いましたが、こういうアプリは普及するときは普及してしまいます。ITはいままでたくさんの著作権を侵害して著作権者を悩ませてきましたが、一周して技術者の元にバトンが回ってきました!という状況。(*3)

 是非、有料のアプリを開発している人の意見を聞いてみたいです。

*1:ま、僕は個人ではアプリをリリースしてないんですけどねー;p
*2:利益はもちろん、モチベーションという点でも
*3:技術自体には善も悪もないですが

hayashi311 at 07:08コメント(1)トラックバック(0) 

2009年01月10日

レンダリングエンジンに関する記述を発見できなかったんですが、Webkitじゃないのであれば、モバイルWebにおけるWebkitの独占が崩れそうです。これは新しい情報待ち。

Palm、Palm Web OSを発表。Engadgetも大興奮!


2:25付近
WebKit みたいです。
現状、まともに HTML5 を実装しているエンジンだと WebKit が順当なのでしょうね。


 ということで Palm Web OSはWebkitベースらしいですね。tezzsyさん、ありがとうございます。




 Webkit,HVGA,タッチパネルのiPhone規格勢が順調に勢力を拡大してますね。ここまではAppleのシナリオ通り。

 ただ、Palm Web OS発のMojoアプリが量産されると、PalmのWebkitに対する発言力が増しそうな気もします。特にローカルキャッシュ、ローカルストレージ周りに関しては、iPhoneみたいにネイティブアプリの選択肢がない分、開発者コミュニティでいろいろ要望がでてくるんじゃないかなーと思います。WebkitがAppleの手元を離れたら面白いですねー。



hayashi311 at 14:09コメント(2)トラックバック(0) 

2009年01月09日

 たまにEngajetは中の人のテンションが伝わってきますね。大好きです。


速報:Palm、新プラットフォームPalm Web OS、新スマートフォン Palm Preを発表
Palm、新スマートフォン Palm Preを発表
Palm株、40%近く上昇


 PalmがPalm Web OS、Palm Preを発表したとのこと。詳しくはリンク先を読んでもらうとして、確かにこれはついうっかりテンションがあがってしまう内容です。


 

アプリケーションはhtml / xml / javascriptで記述可能。通知などシステム機能も使ったアプリがwebとおなじ言語で開発できる。サードパーティーの参入障壁が低いオープンなプラットフォーム。


Palm Developer Networkによると、

Palm WebOS applications are easy to write using Mojo, a new application framework based on the HTML5, CSS, and JavaScript standards that web developers already know and love. WebOS applications are installed and run directly on the device at native speed and have access to a wide range of device services.


 みんながすでに知っていて、愛しているHTML5、CSS、そしてJavaScriptをベースにしたフレームワークMojoを使って簡単にアプリを記述できるよ!とのこと。Webサイトとネイティブアプリのど真ん中って感じですね。
 参入障壁が低すぎてビジネスチャンスはなさそうですが、それでもまたたくさんのアプリが開発されそう。

 そして、HTML5はモバイルから普及する、ということで決まりっぽい。

 レンダリングエンジンに関する記述を発見できなかったんですが、Webkitじゃないのであれば、モバイルWebにおけるWebkitの独占が崩れそうです。これは新しい情報待ち。

 Palm WebOSがiPhoneとAndroidにどう影響を与えるのか、要チェックですねー。

hayashi311 at 08:33コメント(2)トラックバック(0) 

2009年01月03日

 年末はTwittererと、各自の作業したり、Ustしたり、鍋を食べたり、遊んだりしながら年を越しました。楽しかったのでいろいろ書きたいのですが、日記は日記帳にでも書いておけばいいんですね。



 その時のiPhoneの話のメモ。


 8人中3人がiPhoneユーザーで1人がtouchユーザーだったので、面白いアプリの話になったんですが、そこでついうっかり"Galcon"の話をしてしまい、その場でAppStoreで買って、大晦日にGalcon大会が始まってしまいました。

 Galconという初期の頃からあるiPhoneのゲーム。1200円で買って、それでも満足したシンプルで深いリアルタイムストラテジーです。有料版は世界中のユーザーと対戦できる上、無線LAN経由で周りの人と対戦できるようになっています。
 やっぱりシンプルなゲームは対人戦が一番面白いですね。4人で無線LAN対戦すると、独自の戦略を練ったり駆け引きをしたりでかなり盛り上がりました。



 iPhone・touchユーザーがたくさんいる状況下で、そんな感じのことがありましたよ、というメモです。

 こういう状況を一番早く作れたプラットフォームが勝つんだろうなぁとか、iPhoneの一番の強みは無線LANによる他の端末との同期じゃないかとか、ダウンロード販売のポテンシャルとか、これって任天堂が狙ってる状況だよねとか、まぁいろいろ思うところはあるのですが、正月なので割愛。


みなさん、あけましておめでとうございます。

hayashi311 at 20:47コメント(2)トラックバック(0) 

2008年12月31日

 iPhoneを買って7日後に勢いだけで立ち上げたこのブログですが、気がつけば5ヶ月以上続いていました。正直5ヶ月も続くと思っていませんでした。
 飽きやすい僕がこうしてブログを書いていられるのも、読んでくださる人がいればこそ。ありがとうございます。これからもゆるゆると書いていこうと思います。

振り返る


 iPhoneを買ったとき、iPhone向けのWebアプリケーションを少し書いてみてすぐにモバイルWebアプリケーションの時代が始まったと思いました。ほぼPCと同じブラウザ、Ajaxはもちろん、ローカルキャッシュ、ローカルストレージ、アニメーション。
 PCで起こっているネイティブアプリ→Webアプリの変化が、もしモバイルにもやってこようとしているのなら、自分は絶対にその場に居合わせたい、そう思ってiPhone向けサイトのブログを立ち上げました。

 結局、僕がイメージしたようなモバイルWebアプリケーションの時代は始まってすらいません。統計をとったわけではありませんが、初期に登場したWebアプリケーションはだいぶネイティブアプリに取って代わられた感があります。HTML+CSS+Javascriptで記述されていたクライアントサイドはまだ遅すぎて、Objective-Cで書かれたさくさく動くクライアントにはかないませんでした。
 とは言っても、回線は太くなるし端末は進化します。今のPCと同じようにWebアプリの体感速度がネイティブアプリの体感速度に追いついた時、GoogleMapのようなとんでもないモバイルWebアプリがたぶん登場する。その時に違うことをやっていたら、きっと僕は後悔するんだろうなぁと思います。

そんなわけで


 そんなわけで下ネタ書いたりペースがゆっくりだったりしますが、近い将来モバイルWebアプリが普及したその時に役に立つブログになっていればいいなぁと思います。せめてHTML5とCSS3が普及した時にiPhoneの経験が役に立ってくれればいいですね。来年も僕がちゃんとブログを続けますように!


では、よいお年を!

hayashi311 at 03:35コメント(0)トラックバック(0) 
Twitter
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ