2008年10月

2008年10月07日

全体的に驚き男です。Webアプリやばい。


 簡単に言うと、iPhoneのWebアプリがオフラインでも動作するようになりました。


オフラインキャッシュが実装されているっぽい



 
 いつも参考にさせてもらってるiPhone 3G Wiki blogさんでiPhoneOS2.1からsafariにオフラインキャッシュが実装されているとの情報がありました。オフラインキャッシュはHTML5で提供されるオフラインWebアプリケーションAPIのひとつです。

iPhoneSafariにアプリケーションキャッシュが実装されている件

HTML5のOffline Web applicationsとは、リソースファイルの定義を行うmanifestファイルをWebサイトに設置しHTMLファイルのヘッダ部分にそのmanifestファイルへの参照を記述することにより、ブラウザがキャッシュを利用したり、オンラインファイルを参照しに行くという処理を行うものです



ローカルストレージ
*オフラインキャッシュ

 この二つが揃ったことで、iPhone向けのWebアプリはオフラインでも動作することになりました。アプリケーションの記述言語としてのHTML5が本気を出し始めてきた感じですね。

 モバイル分野でAdobeやMicrosoftに先手を打てたことは、HTML5勢にとって大きいんじゃないかと思います。Androidに搭載されるWebkitも同じバージョンであるならば、AndroidにGoogleGearsが搭載されているという情報が見つからないのも納得です。WebKitはもう単体でWebをオフラインに運ぶ箱船なんですね。


Webアプリはじまったな



というわけで、Androidの発売前にWebアプリのオフライン化を可能にしたWebkit勢はよくやったと言うしかないですね。まぁ金にならない無料アプリはWebアプリで作らせてiPhoneとAndroidでシェアしましょうという姿勢が見えなくもないですが、多くの開発者にとってオフラインWebアプリケーションの実現は朗報だと思います。


 GPSやアップロードを使わない無料アプリはほとんどiPhoneとAndroidに流れることが予想されます。その資産を狙ってさらにiPhone規格の画面、Webkitベースのブラウザを搭載した端末が登場するっていうシナリオも現実的になってきたんじゃないでしょうか。


はじまりすぎてて全然寝れる気がしないです><






hayashi311 at 02:40コメント(2)トラックバック(0) 
Twitter
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ