iPhone

2011年10月22日


iPhoneアプリを作ったので紹介します。
Developer登録をして3年、初めて自分名義でアプリを登録しました。




時間管理アプリ Yomo :
ある行動の始めた時間と終わった時間を記録するアプリ。
タイムロガーとか呼ばれていて、AppStoreにもすでに似たようなものがいくつかあります。



モチベーションを保つには記録するのがいい :
これ、時間に限った話ではないんですが、何かを続けようと思う時、その努力を記録すると楽に続けられることがあります。

僕はコードを書いて保存する時、自動でその時点の行数 その日書いた行数をSQLiteに保存しつつGrowlに投げるようにしています。
これを元に行数の変化のグラフを都度 画像として出力して、GeekToolでデスクトップに表示させる。
こんな簡単な仕組みで、やる気がでるんです。他の人はどうか知りませんが。

BlogPaint


実際に出力したものはこんな感じ。総行数の推移なので当然のように右肩上がりです。それがいい。




で、時間管理 :
こんなふうに、やる気を出すために記録するように作られた時間管理アプリがAppStoreにはありませんでした。
必要なポイントは2つだけ。
- 簡単に記録できる
- 触ってニヤニヤできる
特に後者、数字ばかり並べられても数字オタクではないので全然ニヤニヤできないんですね。自分の時間を分析したい人向けに作られてる。
もっと、かっこいいグラフでヒュンッヒュンッっと確認したいわけです。それでやる気を出したい。



なので作りました :
簡単に記録できて、Mapアプリのような操作性のグラフ、そんな感じタイムロガーを作りました。

ja_graph_controll

現在時刻の記録はもちろん、5分前から開始したことにしたいとか、10分前に終わっていたとか、そういう微調整も簡単。

ja_graph

グラフは文句なしにさっくさく。「前の月へ」ボタンとかありません。スライドさせるだけですべての記録を確認できます。

Picture 41

拡大で詳細情報。これは合計時間の推移のグラフを表示させているところです。

ja_color

カラーの設定とか。

ja_select_4_cropped

あとは、アイコンバッジとか、記録の削除とか、経過時間の表示とか、必要そうな機能は一通り実装したつもりです。
まだまだ細かい改善点はたくさんあるのでよければフィードバック下さい。

しかも無料 :
(OpenGLとの相性の関係で)広告も控えめ。



Webサイト
Yomoをダウンロード(App Store)
よろしくお願いします。

hayashi311 at 09:30コメント(6)トラックバック(0) 
Twitter
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ